雇用保険は意外にも転職で役立つもの!

今日はちょっと専門的…なのかどうかはわからないけれど、真面目な話をしていこうかなあと思います。

何の話かって? それは、あれです…雇用保険についてのお話。 タイトルにもあるからバレていると思うけれど(笑)

雇用保険ってご存知の人は多いと思いますけど、これ…どんな目的を持つものか…というところまでご存知ですか?? 実はこれ、驚いてしまうかもしれないんだけれど、転職を円滑にしていけるようにサポートするためのものでもあると言われているんですよ。 保険者となっているのは政府。 これがあることで万が一失業してしまった場合でも、転職するまでの間は安定した生活を送ることができるって感じです。

「それなら雇用保険があれば失業しても問題なしじゃん!」 と、飛び上がってしまうところですが…ひとつ注意して欲しいところがあるので、そこをお忘れなく…。 実はこの時に雇用保険からの給付を受け取ることができるのは、転職して再就職するという意思がある人だけとなっているのです。 つまり、失業してそのまま「再就職は考えていないなあ…」というのでは、受け取ることができないというわけ。ここ、重要です。

ちなみに、給付を受けるための手順についてをざっとおはなししておきましょうか。 とりあえずハローワークに行く必要があります。 …といっても、手ぶらじゃあダメですよ、もちろん。 退職した会社側から受け取った離職票…これを持ってハローワークに行って、失業認定ってのを受ければOKです。 これで後は給付金がいつ受け取れるかとか、その辺の話が進められていくはずです。 とりあえず雇用保険の給付を受けたい!って場合については、必ずハローワークに行かなければならないことになるということ。 だから、そのようになりそうだなという状況となったら、事前に最寄りのハローワークがどこにあるのかってことについては、きちんと調べておくことをおすすめします。

とりあえず雇用保険っていうのは、ざっと説明するとこんな感じのものです〜。 手続きをするときは忘れ物などには気をつけるようにしてくださいね。

こういた保険の手続きとかっていうのは転職サイトなどを使うとアドバイスもらえるみたいですね。 エンジニア系の求人サイトのッレバレジーズテックなどでもかなり詳しく教えてもらえるっぽいですよね。

Copyright (C) 2007-2013 [退職の時の豆知識]. All Rights Reserved.